Jw_cad 最新情報 & 外部変形・線記号変形・図形・CADデータ等 の情報サイト

【外部変形】雲マーク作図を使ってみた!

雲マーク作図

雲マーク?雲囲い?いろんな呼び方があるようです。
変更になった箇所や追記・注目箇所などによく使われるマークですが、今回は「雲マーク作図」という外部変形を使ってみた。2013年か、少し古いけど動くのかな?

配布元

  • サイト名
    Jw_cad for windows 部品
  • 種類
    外部変形
  • 名称
    雲マーク作図
  • 内容
    作図中の検討ヶ所、変更部分などに雲マークを作図します。・・・とのこと。

準備作業

ダウンロードする

  1. ダウンロードページに移動します。
  2. ページの一番下にある「DOWNLOAD」の画像をクリックします。

すると、「kumo.lzh」というファイルがダウンロードされました。

ファイルを解凍する

.lzhファイルなので、そのままでは使えません。なので解凍します。

解凍方法がわからない方は、コチラ

解凍した「kumo」フォルダの中身はこんな感じ。

わかりやすいように、フォルダごと任意の場所に整理しておくと便利でしょう。
例:Cドライブ > JWW > 外部変形 > 雲マーク (フォルダ名を変更する)

動作に必要なもの

解凍したフォルダ内の「kumo説明.txt」をダブルクリックで開くと、「.NET Framework2.0以降」が必要だとのこと。

Microsoftのページによれば、Windows 8・10には、すでにインストールされているみたい。
なので、何もしないでそのまま使ってみた。

インストールされていない場合には、Microsoftのページからダウンロードしてください。

操作方法

外部変形の選択

  1. 「その他」をクリックします。
  2. 「外部変形」を選択します。

先ほど解凍して作成されたフォルダを開きます。
「kumo.bat」をダブルクリックすると、外部変形が起動します。

3種類の方法でマークできるみたいです。

自由

「【1】自由(L)」を使ってみた。マウスの左クリックでも選択できるようだ。

  1. 「【1】自由(L)」を左クリックするか、画面内で左クリックします。
  2. マウス左クリックで説明を見ながら適当に囲みます。最後の線は閉じない。①~⑨
  3. 「点指示終了」を左クリック。⑩

すると、設定画面が表示されます。

「閉塞」にチェックする。後は、必要に応じて設定する。

「実行」を左クリックすると・・・・・。
できた!!!

四角

「【2】四角(R)」を使ってみた。マウスの右クリックでも選択できるようだ。

  1. 「【2】四角(R)」を左クリックするか、画面内で右クリックします。
  2. 左上を左クリックします。①
  3. 右下に向かって対角に左クリックします。②

すると、設定画面が表示されます。

後は、必要に応じて設定します。

「実行」を左クリックすると・・・・・。
また、できた!!!

なんとなく想像できるけど「【3】円」を使ってみた。

  1. 「【3】円」を左クリックします。
  2. 中心を左クリックします。①
  3. 外に向かって半径を左クリックします。②

すると、設定画面が表示されます。

後は、必要に応じて設定します。

「実行」を左クリックすると・・・・・。
またまた、できた!!!やっぱり、想像どおりだった。(^ー^)v

まとめ

今回は、外部変形「雲マーク作図」を使ってみました。
「.NET Framework2.0以降」の件も、何もせず問題なく動きました。

あっ、そうそう、雲の円弧?の数値よりも指示範囲のほうが小さいと、

という警告が表示されますので、数値を小さくするなどして対応しましょう。

このマークは、皆さん頻繁に使う場面があると思うので、必須です。
以上、外部変形「雲マーク作図」を使ってみたら、入道雲のような外変 だったーーーでした。

タイトルとURLをコピーしました