このホームページは、Jw_cad 作者の公式ページではありません。m(_ _)m ・・・ Jw_cad の情報に特化した「Jw_cad 関連のポータルサイト」です。

【基本操作】クロックメニュー(左ボタンドラッグ、右ボタンドラッグ)

クロックメニュー(左ボタンドラッグ、右ボタンドラッグ)

  • 左ボタンドラッグと右ボタンドラッグの機能はクロックメニューに割当てられている。
  • クロックメニューにより各コマンド等を選択できる。

右AM0時方向クロックメニューによる円周点の読取り

  • 円周上の位置でマウスの右ボタンを押して、上方向にドラッグすると(クロックメニュー右AM0時方向)、ドラッグ開始位置に近い円周上1/4点の読取りになる。

右AM3時クロックメニューによる中心点の読取り

中心点の読取りには以下の3種類がある。

  • 読取点以外の線上の位置で右ボタンを押して、右方向にドラッグすると(クロックメニュー右AM3時方向)、線の中心点の読取りになる。
  • 読取点以外の円上の位置で右ボタンを押して、右方向にドラッグすると(クロックメニュー右AM3時方向)、円の中心の読取りになる。
  • 読取点の位置で右ボタンを押して、右方向にドラッグすると(クロックメニュー右AM3時方向)、2点間の中心点の読取りになる。2点の他方の点(B点)を指示すると中心点が指定される。

右AM6時クロックメニューによるオフセット

  • 読取点の位置でマウスの右ボタンを押して、下方向にドラッグすると(クロックメニュー右AM6時方向)、オフセットの指定になる。
  • オフセット値入力の「オフセット」ダイアログが表示されるので、オフセット値を入力すると、読取点から入力値だけずれた位置が指定される。

右AM9時クロックメニューによる線上点の読取り

  • 線上または円周上の位置(1)でマウスの右ボタンを押して、左方向にドラッグすると(クロックメニュー右AM9時方向)、線上点の読取りになる。
  • 点2を指示すると、その点から指示線への垂線との交点が指定される。

このページについて

このページは、Jw_cad 付属のドキュメントの内容を読みやすいように整理し転載した、Webマニュアルです。

ドキュメントおよび付属ファイルの知的所有権は、以下のとおり著作権者が有します。
Copyright (C)1997-2022 Jiro Shimizu & Yoshifumi Tanaka

 

[広告]
基本操作
Jw_cad【総合案内所】@Jww情報館
タイトルとURLをコピーしました