このホームページは、Jw_cad 作者の公式ページではありません。m(_ _)m ・・・ Jw_cad の情報に特化した「Jw_cad 関連のポータルサイト」です。

【連携ソフト】Excel to Jw_win・・・エクセルで作成した表をJw_cadに簡単コピペできる優れもの!

Excel to Jw_win

エクセルで作成した表を、Jw_cadに貼り付けすることが出来るらしいのでトライしてみました。
お使いのパソコンに「Excel」がすでにインストールされていることを前提に説明します。

配布元の情報

【ソ フ ト名】 Excel to Jw_win
【バージョン】 ver 1.53
【機 能】 エクセルで作成した表を Jw_win にコピーする
        エクセルアドインソフト
【登 録 名】 Excel2Jww153.zip
【著作権 者】 土器手 茂
【作者連絡先】 shigeru.dokite@nifty.com
【開発 環境】 Windows 7 + Excel 2010
【動作 環境】 Windows Me, XP, vista, 7, 8 の元で
        Excel 2003,2007(32bit) / Excel 2010,2013(64bit)で動作確認
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウエア
【転載 条件】 自由(但し、この説明ファイルを添付すること)

●注
前バージョンの Excel to Jw_win をインストールしている場合は、エクセル上で
必ず前バージョンを「アドイン」削除(チェックを外す)してから今バージョンを
「アドイン」登録して下さい。

●ソフトの概要
エクセルで作成した表をできるだけ簡単な操作で Jw_cad for Windows (以下 Jw_win
と略) にコピーできるようにするためのエクセルアドインソフトです。

エクセル上で作成した表を範囲指定(反転)し、右クりックメ二ューの【Jw_win へコ
ピー】をクリック、後は Jw_win で「貼り付け」するだけの簡単操作です。
Windows での一般的なコピー&ペーストとほとんど同様の操作でコピーが可能です。

これまでにも同様のソフトはいくつか発表されてきました。
私もいくつか利用させて頂きました(各作者の皆様に感謝)が、それらは
・Jw_win の外部変形から利用するもの。
・いったん Jwc(dos)のデータ形式や、多角形のテキストデータ等にしてから、それ
 を読み込むもの。
等、いくつかのステップを経て Jw_win に変換しするものがほとんどでした。
このアドインソフトを使えば、より簡単にエクセルから Jw_win に変換できるように
なると思います。・・・

ExcelToJw_win153.txt より

詳しくは、添付の「ExcelToJw_win153.txt」をご覧ください。
使い方なども記載されています。

[広告]

準備作業

ダウンロードする

配布が自由とのことですので、リンク切れを防ぐため転載しています。
また「ベクター」からもダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルがこちら

解答が必要です。

解凍する

拡張子が「.zip」なので、解凍作業が必要です。
Windows 10 以上の場合は、ファイルをダブルクリックで解凍できます。

解凍方法がわからない人は、コチラ!

【図解】.zipファイルを解凍する
.zipファイルを解凍する方法 ファイルをダウンロードしたら ダウンロードしたファイルの最後に○○○.zipが付いている場合、ファイルが圧縮されています。そのままでは使用することができないので、解凍する必要があります。 ファイルを解凍する それでは、ダウンロードしたzipファイルを解凍していきましょう。 ダウンロードしたファイル「○○○.zip」を左クリックで選択します。「○○○.zip」の上で右クリックします。「すべて展開」をクリックします。「展開」をクリックします。 すると、同じ場所に同じ名前のフォルダが作成されます。その作成されたフォルダの中にファイルが格納されています。必要に応じて、ご...続きを読む

解凍して出来たフォルダがこちら

そのフォルダの中身がこちら

赤枠「ExcelToJw_win153.txt」には、使い方や注意事項などが書いてあります。
必ず読んでください。

Excelを設定する

今回、パソコンにインストールされていた「Excel 2016」で試してみました。

設定する

このソフトを使用するには、Excelの設定が必要です。
設定と言っても、すごく簡単です!

Excelを開いて「オプション」クリックします。

Excelのオプション画面が表示されるので「アドイン」をクリックします。

設定画面が表示されるので「設定」をクリックします。

選択画面が表示されるので「参照」をクリックします。

先ほど解凍して出来たフォルダの中にある「ExcelToJw_win153.xla」を選択して「OK」をクリックします。

これで設定が完了しました。

これでも動きますが、設定する前に「ExcelToJw_win153.xla」をExcelのアドインが格納してある場所にコピペしてから設定したほうがリンク切れを防げます。

それでは、使ってみましょう。

普通のコピペと同じ操作方法らしいのでトライしてみます。

いざ、実践

Excel を起動します。

コピーする

今回は、サンプルを作るのが面倒なので、Excel に付属のテンプレートを使って試してみました。
んー。これにしました。カレンダー。

カレンダーをクリックして開きます。

作成されたカレンダーがこちら。
コピーする範囲を選択して「右クリック」します。
ここでは、カレンダーの1月を選択してみました。

右クリックすると、
ベローンと選択画面が出てきたので、その中の「JW_WINへコピー」をクリックします。

これで、コピー完了。あー簡単!

貼り付ける

次に、Jw_cad を起動してコピーしたカレンダーを貼り付けします。
Jw_cad を起動してください。

編集」をクリックして「貼り付け」を選択します。または「貼付」コマンドをクリックします。
ちなみに、縮尺1/1で元の大きさで貼り付けできるみたいです。

必要に応じて倍率で調整します。

貼り付けたい位置でクリックします。

見事、貼り付きました!

まとめ

今回は、Excelアドイン「Excel to Jw_win」を試してみました。「Excel 2016」でも動きました。
普通にコピペで貼り付けできるので、すごく簡単で便利でした。

無償で公開されている作者に感謝いたします。ありがとうございます。