CADデータ・図形・外部変形・線記号変形・連携ソフト等 の情報サイト@スマホ対応

Version 4.03e

Version 4.03e 公開日(2004/09/20)

変更内容

  • 座標ファイルコマンドで連続線端部に文字(連続番号文字)と点を作成できるようにした。
    連続線データの後に「”文字」で連続線端部に文字と点が作図され、 「”数字”+増分」で「数字+増分」の値と点が次の端部に作図される(増分を省略すると増分は「1」になる)。

    • 記載例
      0 0 “S
      0 100 “1”+
      100 100
  • 自動保存等の拡張子のファイルが読み込めない現象(V.4.03d)を回避した。
  • クロックメニューから文字を指示して文字コマンドに移行したとき、コンボボックスの文字列の選択が解除されてしまう現象jを回避した。
  • 座標ファイルコマンドで最初に読込んだデータの座標値を基準位置座標ダイアログへ書込む指定を環境設定ファイルに追加した(環境設定ファイル「ZF_SET」③参照)。
  • 縮尺が0/1のデータを読み込むと強制終了することがあるバグをフィックスした。
広告

ダウンロード

  • ここに保管しているファイルは、現在公開されていない旧バージョンのファイルです。
  • 特別な理由がない限り、使用はお勧めしません。

タイトルとURLをコピーしました