このホームページは、Jw_cad 作者の公式ページではありません。m(_ _)m ・・・ Jw_cad の情報に特化した「Jw_cad 関連のポータルサイト」です。

【図解】jpgなどの画像を貼り付け可能にするプラグインを設置してみた。

いろんな画像を貼り付けるプラグイン

Jw_cad の標準機能では、今のところ画像ファイル「.bmp」しか貼り付けできません。

しかし、プラグインを設置することにより「.jpeg」「.jpg」「.gif」「.png」「.tiff」など、様々な画像を貼り付けることが出来るようになります。そのプラグインの名は「Susie Plugin」というものらしいです。

しかし、ネット上にはいくつか存在するみたいで、どれを選択したら良いのかわからない。

ここでは、履歴の新しそうな「WIC Susie Plug-in」というプラグインの設置方法を紹介したいと思います。

配布元の情報

TORO’s Library

TORO's Library

WIC Susie Plug-in Version 2.0 Copyright (c)2013-2021 TORO

Windows XP/2003 以降から使用可能な WIC(Windows Imaging Component)
を使って各種に読み込むための Susie Plug-in です。
64bit アプリケーション用のプラグインが用意されています。
また、WIC で標準で扱えない png 形式アイコン(.ico)、カーソル(.cur)
アニメーションカーソル(.ani)の読み込みにも対応しています。
Susie Plug-in は、竹村嘉人 (たけちん)氏作の画像ローダ「Susie」
用の Plug-in で、様々な形式の画像ファイルを読み込めるようにする
ためのものです。
( www.digitalpad.co.jp/~takechin/ )
動作環境
・対応/動作確認 OS
Windows 2003/XP 以降で動作します。
・レジストリ
レジストリは使用しません。
WICについて
WIC は標準で、BMP, PNG, ICO, JPG(JPEG), GIF, TIFF, HDP(HD Photo)
形式に対応しており、追加のコーデックをインストールすることに
より任意の形式を増やすことができます。
追加コーデックは主にデジタルカメラのRAW画像用が提供されて
います。
インストール
Susie Plug-in 用のディレクトリに iftwic.spi をコピーしてください。
64bit アプリケーションの場合は、iftwic.sph をコピーしてください
「For View」内の iftwic は、予めアスペクト比調整や透過加工の
設定が済んでいる、表示のために本 Plug-in を使用するアプリケーション
向けです。透過処理等を自前で行うアプリケーションは、書庫直下の
Plug-in を使用してください。※両者の違いは初期設定のみです。
「ARM」内の iftwic.spha は、ARM64 ネイティブアプリケーション向けです。
アンインストール
コピーした iftwic.spi / iftwic.sph を削除してください。
・・・

ホームページ より

「Windows 2003/XP 以降で動作します」とのことなので
パソコン環境「Windows 10」「Jw_cad 8.25a」に設置してみました。

[広告]

準備作業

必要なファイルをダウンロードします。

ダウンロードする

  1. ダウンロードサイトに移動します。
  2. 各種 DLL・Susie Plugin(.SPI/.SPH)」をクリックします。

次に「WIC Susie Plug-in」をクリックします。

iftwic20.zip」をクリックでダウンロードが始まります。

ダウンロードしたファイルがこちら

解凍が必要です。

解凍する

拡張子が「.zip」なので、解凍が必要です。

解凍方法がわからない方は、こちらをご覧ください。

【図解】.zipファイルを解凍する
.zipファイルを解凍する方法ファイルをダウンロードしたらダウンロードしたファイルの最後に○○○.zipが付いている場合、ファイルが圧縮されています。そのままでは使用することができないので、解凍する必要があります。ファイルを解凍するそれでは、ダウンロードしたzipファイルを解凍していきましょう。ダウンロードしたファイル「○○○.zip」を左クリックで選択します。「○○○.zip」の上で右クリックします。「すべて展開」をクリックします。「展開」をクリックします。すると、同じ場所に同じ名前のフォルダが作成されます。その作成されたフォ...続きを読む

解凍して出来たフォルダがこちら

このフォルダを開いた中身がこちら

使用するのは、1ファイルだけです。

ファイルを設置する

JWWフォルダ内にファイルをコピペします。
ドラッグ&ドロップでもできますが、ここではオーソドックスな方法で説明します!

ファイルをコピーする

先ほど解凍したフォルダの中にある、この「iftwic.spi」をコピーします。

  1. iftwic.spi」を選択します。
  2. iftwic.spi」の上で右クリックします。
  3. コピー」を左クリックします。

これで、ファイルがコピーされました。

ファイルを貼り付ける

次に、コピーしたファイルを貼り付けます。

Jw_cad がインストールされているフォルダを開きます。
通常「Cドライブ > JWW」です。

JWW」フォルダをダブルクリックで開きます。

  1. 開いた「JWW」フォルダ内で右クリックします。
  2. 貼り付け」をクリックします。

無事に貼り付けできました。

以上で、準備完了です。
お疲れさまでした。

これで、いろんな画像が読み込み可能になりました。たぶん!

そして、使ってみた

実際に、Jw_cad で読み込んでみました。

Jw_cad を起動して「編集」→「画像編集」をクリックします。

画像挿入」をクリックします。

次に、画像の形式を選択します。

Bitmap」以外も選べるようになっているはず!

ポチっと。、、、、、よし、表示されました。

試しに、jpeg・jpg画像を挿入したいので「WIC-jpeg」を選択してみました。

jpeg・jpg画像が表示されるのでファイルを選択します。
そして「開く」をクリックします。

画面の適当な位置でポチッてみた!

ジャーーーン!!!

キモっ!ヽ(°Д°;)ノ

まとめ

いろんな画像を貼り付けできるプラグイン「WIC Susie Plug-in」を設置してみました。
コピペだけで簡単に設置できて、無事に貼り付けも出来ました!

無償公開くださっている作者に感謝いたします。

タイトルとURLをコピーしました